正式なHTML5要素が分からない場合

この記事はWebデザインの入門的な内容です。

2014年10月28日に、W3CよりHTML5の勧告が出ました。

W3Cとは、HTMLやCSSなどWebデザインで使用する言語の仕様(書き方、使い方)を策定している国際的な標準化団体で、「HTML5」とは、HTMLのバージョン5という意味です。また、W3Cは仕様策定の過程をインターネット上に公開しており、その最終版が「勧告」と呼ばれています。

途中経過が公開されているので、ブラウザを開発している企業などは、HTML5が勧告になる前から、新しい機能を実際に動作するように開発しており、WebデザイナーもHTML5を利用してWebサイト構築を行ってきました。しかし、あくまで最終版は「勧告」なので、策定途中で削除されてしまった内容もあります。

HTMLのもっとも基本的な仕組みは、Webページのソースコードとして、掲載したい文章にタグというものを記述することで成り立っています。たとえば、「HTML5」という言葉を、Webページの「最も大きい見出し」として掲載したい場合は、ソースコードに以下のように記述します。

<h1>HTML5</h1>

このように記述された場合、ブラウザはこれを「最も大きい見出し」として認識し、それに従った表示を行います。

<h1>と</h1>の記述を個別に指すとき、「タグ(開始タグと終了タグ)」と言います。また、<h1>と</h1>をひとつのまとまりとした場合は「h1要素(エレメント)」と呼び分けています。

HTML5は数年にわたり仕様の策定が続けられてきたので、Webデザインを学習している方の中には、HTML5以前のバージョンから新たなHTML5というバージョンになったことで削除されてしまったり、HTML5を学習し始めても、その策定途中で削除されてしまった要素を覚えている方もいるかと思います。

最終的に正式なHTML5の要素が何か知りたいと思ってインターネットで検索しても、該当する記事が勧告の前なのか後なのか判別するのが難しい場合も多いと思います。

そこで、最も正確なのはW3Cの勧告そのものを読むことですが英語ということもあり、なかなか敷居が高いものです。しかし、要素だけを知りたいのであれば比較的わかりやすい簡単な見方があります。

例えばgoogleで、「html5 w3c」というキーワードで検索を行います。ヒットした検索結果のなかで、URLの記述に、「www.w3.org」と含まれているものが目的のW3Cが公開しているページです。

http://www.w3.org/TR/html5/

ひとつ注意が必要なのは、「勧告」は「Recommendation」と表記されるので、下図のように「W3C Recommendation」と表記されているか確認します。

ML5 W3C Recommendation
「W3C Recommendation」という表記を確認します。

ページをスクロールすると、しばらく英文の長文が続きますが、目次を意味する「Table of Contents」という部分の見出しの4番目「4 The elements of HTML」というところが、要素が掲載されている部分になります。オレンジ色で表記されているものが要素ですので、ここに含まれていれば、正式なHTML5の要素ということになります。

HTML5 Table of Contents
「4 The elements of HTML」を探します。

例えば、策定の過程では存在した「hgroup」という要素は、このページで探しても見当たりませんので「勧告」としては採用されなかったということになります。

また、ここに掲載されている要素をクリックすると、使い方の例も見ることができます。

HTML5 Code example
要素の書き方も例示されています。

HTML5の勧告は以下のページです。

HTML5 | W3C
http://www.w3.org/TR/html5/